インターボルト・サービス
(事業者向け暗号資産ウォレット)
内部管理体制を強化し、安定したシステム運用を

暗号資産取引に不可欠なウォレット
巨額の暗号資産を管理する事業者は、利便性だけでなく安全性を考慮したウォレットを運用する必要があります。インターボルト・ジャパンが提供する「インターボルト・サービス」は入出金、残高照会など暗号資産取引サービスに不可欠な機能に加え、統一的なインターフェイスで損害が発生した場合の補償を実現します。
円滑なオペレーションの実現

一元管理が可能
管理者は、全てのアカウントを作成、管理、モニタリングすることができます。

ひとつのアカウントで全てを管理
各ユーザーは、ひとつのアカウント内で複数のウォレットを作成し、資産を管理することができます。

監査レポートが入手可能
全ての取引、アカウント、ユーザーについて、詳細な月次レポート及び四半期レポートを取得できます。
事業者向け暗号資産ウォレット「インターボルト・サービス」が提供する主な機能

基本機能 暗号資産の入庫、出庫、残高照会など
管理機能 モニタリング、監査レポートの発行など
セキュリティ機能 ハードウェア、E2EE通信など
資産保護 保険会社と提携

全てのアカウントを、スピーディーかつ柔軟に管理
「インターボルト・サービス」では暗号資産を使った実務を想定し、2種類のアカウントを提供します。
堅牢で使いやすいインターフェイス、インフラを構築しました。

管理者アカウント
ユーザーアカウントを自由自在に作成・管理

管理者用ダッシュボード
・アカウントの作成、管理
・全アカウントや取引のモニタリング など

新規アカウント登録
・暗号資産の入庫、出庫、保険の適用が可能に

操作ログ
・全ユーザーの利用状況を、同時にモニタリング

ユーザーVaultアカウント
入庫、出庫、保険の適用が簡単にできる

ユーザー用ダッシュボード
・ひとつのアカウントで複数の資産を管理可能
・残高確認、送着金

新規口座登録
・複数のアドレスを作成可能

保険の適用
・入金された暗号資産の全額に、保険をかけられる
・システム面でのセキュリティ確保に加え、保険適用により万全な安全・安心を実現

セキュリティを最優先した、
インターボルトのハードウェアプラン
コールドウォレットよりも高い安全性と安心感を提供します。
金融庁は、取引業者等に対し、顧客の暗号資産をコールドウォレット等で管理することを義務付けています。ただし、その基準はまだ不明確であり、また現在市場に流通しているコールドウォレットでも、マルウェア等によるウイルス侵入やハードウェアの物理的破損、盗難等のリスクがあり、完璧なセキュリティは担保されていません。

この課題を解決するため、インターボルト・ジャパンでは、世界最高水準のセキュリティ技術(米国の国家機密保持レベルと同等)に加え、ユーザーごとに保険で補償される安全・安心を備えたハードウェアプラン「インターボルト・サービス」を提供しています。

世界最高レベルの安全なセキュリティを実現
独自の二重暗号化通信技術、
E2EE(End to End Encription)を採用
データ情報の扱いは
秘密分散方式を採用
ログインパスワードは
管理者にのみ発行
人物を特定できる
生体認証システムを採用
ハードウェアプランの特徴
低い導入コストを実現。管理運用にかかるコストも削減可能
社内にセキュリティ専門家がいなくても導入可能。インターボルトの技術者が仕様変更やアップグレードにも 速やかに対応。
分別管理の負荷を軽減。事業成長に合わせたスケーラビリティの向上を実現。
独自の基幹技術をベースに、
事業者ごとのオリジナルウォレットを提供可能
インターボルト・ジャパンのウォレットはホワイトラベルに対応しています。貴社の暗号資産サービスに接続すれば、オリジナルのウォレットをゼロから開発するよりも、迅速にシステムを構築することが可能です。ウォレットを必要とする利用者は、自社サービス内でウォレットを一体的に利用することができます。
「InterVault」「インターボルト」は株式会社 INSURE TECH INDUSTRIESの登録商標です。
 © 2019 インターボルト・ジャパン合同会社 ALL RIGHTS RESERVED.